リハビリテーションとは

リハビリテーションのイメージ画像

投薬や注射などの治療と同様に治療方法の一つです。リハビリテーションでないと治らない疾患は数多くあります。特に効果的な疾患は、慢性腰痛症、関節痛、五十肩、肩こり、むち打ち症、手足のしびれ、腱鞘炎や腱炎、脊柱管狭窄症、腰椎分離症、椎間板ヘルニア、スポーツ損傷、骨折や脱臼、靭帯断裂などのケガの後、人工関節手術などの整形外科領域の手術後、ロコモ、運動器不安定症、フレイル、サルコペニア 、生活不活発病などですが、他のほとんどの整形外科疾患にも有効です。
当クリニックでは、専門の理学療法士が在籍しており、リハビリテーション科専門医の指示のもとに、それぞれの患者さんにあったリハビリテーション(運動療法、物理療法、装具療法)を提供しています。運動器リハビリテーションは発症した日や手術をした日、急に悪くなった日などから150日間行うことができます。
(※医師の判断で150日以上継続して行える場合もあります。)

整形外科で行うリハビリテーションは運動器リハビリテーションといいます。
運動器とは、筋肉・骨・軟骨・関節・腱・靭帯・神経など、運動を行うのに必要な組織・器官の総称です。これらで起きた障害は運動機能を低下させますので、安静にして過ごすことが多くなり、それにより活動性が低下するとさらに運動機能は低下してしまいます。したがって運動器リハビリテーションは、運動機能低下の治療や予防のために行います。

運動療法について

運動器リハビリテーションの中で最も重要なのが運動療法と考えています。
具体的には、関節可動域訓練(柔軟性の改善)、筋力増強訓練、起立歩行訓練、バランス訓練、持久力訓練、体操療法などを理学療法士のサポートを受けながら行っていきます。当クリニックは患者さんに寄り添うことを体切にしています。『自分で運動して下さい。減量して下さい。』と言うだけの対応はしませんので安心してご相談ください。
なお、各種筋力トレーニング機器や有酸素運動マシンも完備しておりますので、ぜひともご利用下さい。

物理療法(温熱療法、超音波治療、電気治療など)について

身体と心のストレスをほぐすリハビリテーションです。電気や熱などの刺激を与えることで、血流を改善して筋肉をほぐす他、神経を活性化させます。リラクゼーション効果もあり、ストレスが軽減することで症状の改善をうながします。変形した関節や椎間板ヘルニアが元に戻るといった効果はありませんが、実際には症状が軽くなる方はいらっしゃいます。当クリニックには急性期から慢性期までのさまざま状況に対応可能な物療機器を完備しており、これらと運動療法を併用して行うことでより効果が高まります。

装具療法について

患部の安静、圧迫、保護作用や、変形の矯正の他、運動機能を補助する目的で行います。

部位別にみる代表的疾患

手くび
骨盤・お尻・太もも
かみじょうリハビリ整形外科クリニック
TEL.026-252-6055
院長
上條哲義
診療科目
整形外科/リハビリテーション科/ロコモ/フレイル/サルコペニア外来/運動器検診・健診/骨粗しょう症/スポーツ整形/小児整形/交通事故・労災
住所
〒381-0041 
長野市徳間1丁目27番4号
アクセス
最寄り駅 北長野駅1.7km 信濃吉田駅1.4km 路線バス(長電バス・アルピコ交通) 徳間北バス停 目の前 駐車場50台完備(共用含む)
▲…土曜日:15:00~17:00 
受付は(午前・午後とも)診療終了時間の30分前までとなります
休診日:水曜・日曜・祝日
診療時間 日・祝
8:30~12:30
15:00~18:00
アクセスマップのイラスト