院内の様子

受付

待合室

中待合室

リハビリ室

リハビリ室

X線検査室

骨密度測定室

機器紹介

ウォーターベッド

ブーツ式エアマッサージ器

体組成計

SSP 複合治療器

超音波治療器/超音波骨折治療器(LIPUS)

低周波・干渉電流型低周波治療器

ポータブル型低周波治療器

エアロバイク

トレッドミル

練習用階段

平行棒(4m)

ホットパック

超音波画像診断装置

診断用X線装置(透視機能付)

骨密度測定装置

当クリニックの検査について

診断用X線装置(透視機能付)

FPD(Flat Panel Detector:平面型検出器)というX線受像器を用いたデジタル撮影(DR)を行います。従来システムの約半分のX線照射量で、総合病院と同等の高画質の画像を得ることができます。

ポイント

  • 透視機能では骨折や脱臼の整復を安全、正確に行うことができます。また、神経根ブロック注射のほか、関節不安定性の評価などもできます。
  • 太ももの付け根(股関節)、膝、足、背骨などは立った状態で撮影を行うので正確な診断が可能です。

骨密度測定装置

骨粗しょう症学会で推奨されているDXA法(デキサ)という方法で、背中(腰椎)、太ももの付け根(大腿骨近位部)、手首近く(橈骨)の測定ができます。性能は総合病院で設置しているものと同等で、低被ばく・短時間で、患者さんにやさしい検査を提供します。
画像処理を含めて所要時間は約10〜15分です。

超音波画像診断装置

ここ数年で超音波エコーの精度が格段に良くなったため、最近の整形外科クリニックでは画像診断装置として広く用いられています。腱板断裂や亀裂骨折、腱鞘炎、肉ばなれ、靭帯損傷の他、野球選手の肘離断性骨軟骨炎の診断や検診に役立ちます。また、痛みの原因となっている硬くなった組織に生理食塩水液を注入し、組織を柔らかくして痛みを緩和させる「Hydrorelease(ハイドロリリース)」が行えます。さらにはガングリオンなどの腫瘍性病変の診断にも役立ちます。

かみじょうリハビリ整形外科クリニック
TEL.026-252-6055
院長
上條哲義
診療科目
整形外科/リハビリテーション科/ロコモ/フレイル/サルコペニア外来/運動器検診・健診/骨粗しょう症/スポーツ整形/小児整形/交通事故・労災
住所
〒381-0041 
長野市徳間1丁目27番4号
アクセス
最寄り駅 北長野駅1.7km 信濃吉田駅1.4km 路線バス(長電バス・アルピコ交通) 徳間北バス停 目の前 駐車場50台完備(共用含む)
▲…土曜日:15:00~17:00 
受付は(午前・午後とも)診療終了時間の30分前までとなります
休診日:水曜・日曜・祝日
診療時間 日・祝
8:30~12:30
15:00~18:00
アクセスマップのイラスト