フレイルとは

フレイルのイメージ画像

英語の「Frailty」が語源となった言葉で、直訳すると虚弱や衰弱という意味です。よく耳にする言葉では虚弱体質というように、弱々しい、かよわいといったような状態をイメージしてください。簡単に言うと、弱々しく、今にも寝たきりになりそうな危うい状態のことです。フレイルには身体的、精神・心理的(認知症やうつ)、社会的(独居や経済的困窮)の側面がありますので、それぞれの多面的な介入も必要になります。フレイルは寝たきりの前段階ではありますが、早く見つけて、早く治療を開始すれば、元の元気な状態にも戻ることができ、健康寿命も延びることがわかっています。

サルコペニアとは

ギリシャ語で、筋肉を意味する「サルコ」と喪失を意味する「ペニア」を合わせてできた言葉で直訳すると「筋肉喪失」です。サルコペニアの定義は「骨格筋量の加齢に伴う低下に加えて、筋力または身体機能(もしくは両方)の低下」です。サルコペニアには原因がない1次性や原因がある2次性、急性や慢性、サルコペニア肥満、低栄養によるものなどがあります。当クリニックでは一般的なスクリーニング検査の他、筋力測定、身体機能評価、骨格筋量測定(SMI測定)を行うことができます。

予防・治療

フレイル、サルコペニアの予防や治療は運動療法と食事療法が基本です。運動療法では、ただ単にゆっくりとウオーキングするだけではあまり効果がないため、レジスタンス運動(いわゆる筋力訓練)、バランストレーニング、機能的トレーニングなどを組み合わせた他因子運動プログラムが有効です。食事療法については、たんぱく質やビタミンDが筋力強化や転倒防止にとても重要で、また骨の形成や末梢血流循環の改善、抗酸化作用を促すビタミンやミネラルを摂取することも大切です。

当クリニックで一緒に治療をしていきましょう。お気軽にご相談ください。

かみじょうリハビリ整形外科クリニック
TEL.026-252-6055
院長
上條哲義
診療科目
整形外科/リハビリテーション科/ロコモ/フレイル/サルコペニア外来/運動器検診・健診/骨粗しょう症/スポーツ整形/小児整形/交通事故・労災
住所
〒381-0041 
長野市徳間1丁目27番4号
アクセス
最寄り駅 北長野駅1.7km 信濃吉田駅1.4km 路線バス(長電バス・アルピコ交通) 徳間北バス停 目の前 駐車場50台完備(共用含む)
▲…土曜日:15:00~17:00 
受付は(午前・午後とも)診療終了時間の30分前までとなります
休診日:水曜・日曜・祝日
診療時間 日・祝
8:30~12:30
15:00~18:00
アクセスマップのイラスト